沖縄でダイビングライセンスを取ろう!

沖縄ダイビングは、初心者は先ずCカードのライセンスを取得

海水浴などの海のシーズンになると、岩場や沖合等の海面近くにおいて顔に用具を付けてプカプカしながら海の中の様子を眺めたり観察していたり、又、水面から顔を出しての息継ぎをしながら浅瀬の海中を泳いだり、漂よったりする際に息をするための呼吸用具を付けています。 これはシュノーケリングと言って初期のダイビングとでも言いますか。

其れとはやや異なっていて、本格的な海の中の美しい映像など、空気ボンベを背中に背負って適度に深く、長い時間にかけて潜水しながら撮影や遊泳しているのはダイビング若しくはスキューバダイビングといいます。

沖縄ダイビングは、初心者は先ずCカードのライセンスを取得

美しい海の中を撮影や観察しようとする時、海と身体が一体になる喜びを味わい、楽しく、そこで広がる新しい世界を探求出来るのはダイビングです。 今までテレビの映像などでしか見たことのない、未知なる青い空間の感動がありますね。

この様な美しい海の存在するところと言うのは、勿論、熱帯、亜熱帯地区とも言われる諸島が珊瑚に囲まれた沖縄に海で、沖縄ダイビングはダイバーにとっては憧れの海だし、ダイバーの聖地とも言われるところで、列島内地からも大勢のだダイバーが押しかけます。

何れにしても、我々が一歩海中に足を踏み入れた途端、海は驚きに満ちた感動を提供してくれます。

しかし、海の中と言うのは人間にとっては無空気、無酸素状態の場所であり、いくら空気ボンベを背負っているからと言って、泳ぎ方や扱いようによっては危険がいっぱいです。 其処で必要になってくるのが技術的のも許可、認可されたライセンスというものです。

当然ながら海中といい、水中といい水の中と言うのは意外と重い水圧もかかるところで、、其れに加えて海中というところは流れもあるのです。 更には、職業としている荒れた海の中での潜水業務は水中での基礎的な知識も必要ですが、それ以上に豊かな経験と技術的な要素が必要になります、そんなダイビングを沖縄でなんて方は
沖縄ダイビングショップ予約をしてみては確かな技術がこのお店にはあります!!

特に、水中と言うのは肺呼吸している人間の場合は水中でのボンベによる高圧空気によって呼吸をする必要があり、その場合は潮の流れの激しい抵抗や急な深度変化は、俗にいう窒素酔いや潜水病の原因となるともいわれます。 潜水病とは、主に水中から上がってくる時に起こす病気で様々な症状をいい、別名を減圧症候群とも呼ばれています。

これらの潜水作業、ダイビングには先ず、基礎的な知識や経験を積む為の「ダイビングライセンス」が必要になってきます。 その主な資格というのは先ず初心者用としては「Cカード」というのがあり、この資格を特定の場所で任意に取得する必要があるのです。

正式な名前はCカード、つまりCertification Cardといって特定のダイビングスポットにある講習所で、所定の講習とコースを修了しなければならないのです。

ただ、このライセンスは許可証のようなもので、ハッキリした国家資格のようなものではなく任意のダイビング団体から許可、認可されるものなので、しっかりとした講習や実技を受ければどなたでも許可証は取れます。

最新記事